日本中が感動に湧いた『海猿』シリーズ

邦画の海猿は、第1作が2004年に公開されました。原作は同名の日本の漫画です。海難救助を行う海上保安庁が舞台となっている映画で、主人公の先崎大輔が潜水士を目指すところから始まります。若い潜水士が待ち受ける試練や挫折、仲間との友情や恋愛まで網羅された青春映画といっても良いです。

主人公を演じている俳優は、伊藤英明です。彼の当たり役となった映画です。映画で悲劇の人物となった工藤治役を演じたのが伊藤淳史です。先崎の最初のバディであり、救助に対する熱意は人一倍ある素直で好感のもてる人物です。先崎と恋に落ちるヒロイン伊沢環菜を演じた女優は、加藤あいです。潜水士という男の世界は、一見すると暑苦しくも感じる中、加藤あいの透明感あふれる存在感が、映画の中でほっとさせてくれるアクセントとなっております。

そして大事な場面で流れる主題歌にジャーニーの「Open Arms」が起用されております。ハイトーンのヴォーカルで歌い上げるこの歌は、この青春映画にぴったりはまってます。潜水士という海中の極限と戦いながら、救助を行う過酷な状況に立ち向かうという、緊迫感のある設定と友情や恋愛が見事にマッチした作品だったので、日本中で大ヒットを記録しました。

その結果、翌年にはテレビドラマとして続編が放送されました。キャストも全員スライドされ、海猿を見た人にとっては、たまらない放送となりました。

その後海猿は邦画として第4作まで公開されました。若者の葛藤をストレートに表現し、友達同士ぶつかり合いながらも困難に立ち向かっていく姿は、観客の心を鷲づかみにして、感動に次ぐ感動を呼び起こしていきました。多くのリピーターも出現し、海猿現象はすさまじいものとなりました。迫力と緊迫感のある完成度の高い映像になっておりますが、これは海上保安庁が撮影に全面協力した事も大きな要因となっております。

第4作で完結となっておりますが、海猿が今後も邦画を代表する作品として語り継がれていくことは間違いないでしょう。

Copyright(c) 2016 日本中が感動に湧いた『海猿』シリーズ All Rights Reserved.