『海猿 ウミザル』が名作だと言われる背景

この国の映画は昔から独自の技術で進化しています。その根底には娯楽としての映画あるので、ユーザーも安心して楽しめる部分があります。また場合によってはシリアスな作品も登場し、映画の世界を更に盛り上げています。この国の映画はシリアスな内容よりも、ギャグを中心としたものが多くなっています。それは邦画の歴史にも深く関わっている実態です。海猿は有名な作品である程度の人気を得ています。また映画としてもファンが多くなっているため、幾つものシリーズが登場しています。その中でもファンが多いのが1作目なので、今でも様々な意見が登場しています。この作品はギャグを入れている部分も多いですが、最終的にはシリアスな方向に向かっていきます。また海と人間をテーマに設定しているため、より身近な人物たちの姿を見ることができます。出演している俳優や女優たちは殆どが若く、今では大物になった人物ばかりです。そういった点から見ても海猿の1作目は注目作です。海猿は人命救助という重い設定を持っていますが、1作目では様々な場面が描かれています。その中には恋愛やギャグも含まれているため、最初に見る側としては強いインパクトがあります。特に登場人物たちが出会いと別れを経験する部分の描写は細かく、邦画のファンからは絶大な支持を得ています。実際に海猿の1作目はその後のシリーズとは異なる雰囲気があります。この1作目はシリーズを意識しなくても楽しめる簡潔な内容なので、青春や爽快感を感じるような作風が特徴的です。

仙崎大輔について

邦画「海猿」は2004年に公開されました。その後連続ドラマとしてテレビ放送され、2012年映画4作目が公開されました。主人...  気になる詳細はコチラ ⇒

Copyright(c) 2016 日本中が感動に湧いた『海猿』シリーズ All Rights Reserved.